みさきめぐり

第9集   2005-08-20

(42)毘沙門


毘沙門

干潟の山側はこのような広大な畑になっています。

山側の畑

江奈干潟を過ぎると道がきれいになり、道はトンネルに吸い込まれます。

このトンネルは毘沙門トンネルです。 宮川町を結ぶ毘沙門バイパスが開通してしばらく経ちます。 毘沙門の道は狭いので、このバイパスにより観光道路と生活道路の分離ができています。

毘沙門トンネル

分岐点では右へ。 バイパスでなく旧道を通ります。

バイパス分岐点

しばらく坂をのぼると台地の上に出てきます。 目の前にはいくつにも重なる台地と、夏の象徴である入道雲の堂々とした姿があります。

丘の上、夏の空


白浜毘沙門天

毘沙門天入口バス停の近くには、毘沙門天への道しるべが新旧ともども建っています。

道しるべ

畑の中のまっすぐな道。

畑の道

再び、海に下りて行きます。

海へ下る道

三浦七福神の一つ、白浜毘沙門天があります。 ここは無人で森の中にひっそりとたたずんでいます。

白浜毘沙門天


三浦岩礁の道(毘沙門)

白浜毘沙門天から坂を下りきり海に出ると、バーベキューを楽しむ人たちでいっぱいです。

バーベキューの人々

海で楽しく遊ぶ人たちを後にして...

迫る山

こうしてみると、ずいぶん遠くまできましたね。

遠くに見える車とテント

海は澄んでいます。

澄んだ水

飛び交う鳥たち。 大型の鳥がたくさん空に舞っているので、若干の恐怖感を覚えます。

飛び交う鳥

再び足場は悪くなり、三浦岩礁の道でおなじみの円柱の道が現れます。 一つだけ左側にはみ出しているものがありますが、そこだけ岩が突き出ているためです。

円柱の道

ぎざぎざした岩の向こうに毘沙門港が見えてきました。

毘沙門港1


毘沙門港

三浦半島南岸はこのような無線施設が多く存在します。

アンテナ

再び毘沙門バイパスに出ました。 この向こう側はすぐ毘沙門トンネルです。 かなりショートカットしていますね。

バイパス1

バイパスは毘沙門港を過ぎると坂を上り、宮川公園方面に向かいます。

バイパス2


三浦岩礁の道(盗人狩)

毘沙門港をしばらく歩くと、三浦岩礁の道のハイライト、盗人狩が見えてきます。

盗人狩

「昔、盗賊が追われてこの崖の上に来てみると、崖下では荒れた海と不気味な音に足がすくみ、そのまま捕まってしまった」というのがこの名前の由来です。 崖下のこの場所でも十分にその雰囲気が感じられます。 全く生気を失ったような岩の景観、入り組んだ地形の風の流れなど。

盗人狩と橋

盗人狩のたもとには頼りなさげな橋が架かっています。 今は潮が引いているのであまり迫力がありませんが、満潮時には橋に波がかぶり、海の厳しさを体感することと思います。 しかし、濡れた木橋は滑りやすく、波で足をすくわれるおそれがあるので、満潮時には近づかないのが無難です。

頼りない橋

盗賊が追われたその丘は、崖下と違って穏やかな緑色の風景が広がっているようです。

橋から見た盗人狩

Copyright 2005 Jiyore All rights reserved